読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sugar’s diary

主に食べてばかりの日々と旅の記録

ヨーロッパ旅行2日目 バルセロナ編②サグラダファミリア

翌朝、7時半にセットしたiPhoneバイブレータが枕に響く前に目が覚めました。なにせ隣のベッドは手を伸ばせば届く距離。バイブの音もうるさくないか心配でしたが、下の住人も隣の住人もガーガーと爆音のイビキをかいて寝ています。耳栓をしていたので寝ている間は全く睡眠を妨害されることはありませんでした。VIVA耳栓。

布団を被って着替えをし(一応レディなので)、歯磨きをしに洗面所へ。部屋に戻ると下の住人が起きていました。名前はフランク、カナダのアルバータ出身とのことで、カナダの話を少ししました。そして、フランクが隣のベッドでまだ寝ている住人はブラジル出身だと教えてくれました。工事現場で働いているとか。出稼ぎ?それ合法?と思いましたが当たり障りなく相槌を打っておきました。フランクと話したことで、誰と一緒に住んでるかわからない不安は少し解消されました。もちろん油断禁物ですが。

そして、本日のメインイベント、サグラダファミリアへ向かうために駅を目指して出発です。情報収集していたときに、昼過ぎには長蛇の列で2時間待ちも当たり前だから午前中なるべく早めに行ったほうが良いとネットの誰かが言っていたので、開門と同時に入場できるように朝一のスケジュールに入れました。服装は、薄手のタートルネックにジーンズ+ユニクロの薄いダウンにストールを巻いて行きました。

宿の最寄り駅Tetuanまで5分ほど歩き、そこからSagrada Familia駅までは一本です。バルセロナにいる間の移動はすべて地下鉄の予定だったので、10回分の回数券を買っておきました。1枚2ユーロのところ、10枚で10ユーロ程なので都度買うよりお得です。地下鉄は思ったより小綺麗な感じ。

f:id:sugar0809:20150816123315j:plain

サグラダファミリアの最寄り駅に着き、階段を上がるといきなりドン!

f:id:sugar0809:20150816123439j:plain

名前が駅名になっていますから、それは近いだろうとは思っていましたが、まさかこんな1面でラスボス登場するみたいな、川端康成風に伝えたくなっちゃうような驚きの光景に思わず「WOW!」と恥ずかしい独り言が漏れてしまいました。ちなみに、この写真は道を挟んだ公園から撮った写真です。駅を上がってすぐだと近過ぎて、全景が写らないので公園から撮るのがベストだとネットの誰かが言っていたので忠実に守りました。ネットの誰か、頼りになります。

駅から裏手側にまわると入場口があります。公園からしばし眺めたりしていたら9時半くらいになっていたので、もしかしたらもう混み始めているかも…と不安だったのですが、私の前には2〜3組だけで列らしい列は出来ていませんでした。どうやら、長蛇の列というのは夏のトップシーズンの話のようです。というわけで、5分と待たずにあっさり入場。独創的なデザインの外観に目が行きますが、近くで見ると彫刻が其処彼処に。

f:id:sugar0809:20150816123553j:plain

f:id:sugar0809:20150816123603j:plain

内観を見て、また「WOW!」でました。ステンドグラスに朝日が差し込み、そのグラスの色が対面のステンドグラスを照らして美しく反射しています。数十メートルの柱とそれに繋がる天井のデザインは、魚の骨や貝のような形をしていて、まるで海中から空を見上げているよう。幻想的なBGMがさらに良い雰囲気を作っています。

f:id:sugar0809:20150816124413j:plain

f:id:sugar0809:20150816123807j:plain

f:id:sugar0809:20150816123827j:plain

f:id:sugar0809:20150816124434j:plain

記念にパチリ。お兄さん、何回か撮ってくれたけどやっぱり人入れると難しいですよね...な写真。

f:id:sugar0809:20150816124123j:plain

せっかくなので、上の階に登ってみることにしました。ここは別料金なので中でチケットを購入します。購入時に伝えられた時間にエレベーター前に行くと、私と同じ時間帯の人が何組かいて、日本人の旅行者もいました。エレベーターを降りて少し階段を上がるとこの景色。

f:id:sugar0809:20150816124756j:plain

白と赤茶色の異国情緒溢れる町並みがとても綺麗。工事の音が響いていて、まさに建設中という感じが伝わって来ました。高いところに行くだけだしお金払うのもなーと思いましたが登って良かったです。帰りは螺旋階段をぐるぐる降りて行きます。アンモナイトみたい。ちょっと酔いそうでした。

f:id:sugar0809:20150816124858j:plain

途中、落書きだらけのエリアがあります。日本人大学生と思われる「○○ゼミ一同」とかもありました。こういうセンスないことする人たち、嫌いです。

戻ってもう一度じっくり隅々まで鑑賞。たまにベンチで休んで人間観察したり。ずっといても飽きません。

f:id:sugar0809:20150816124959j:plain

f:id:sugar0809:20150816125004j:plain

しかし本日はまだまだ行くところがあるのです。昼過ぎにサグラダファミリアを出ました。この頃には社会科見学っぽい子供たちやツアー客もいたりして混んで来ました。太陽も登り切っていたので朝のようなステンドグラスの輝きはありません。朝一で行って大正解です。

初ガウディ記念に、併設するギフトショップでカサ・バトリョのミニフォトフレームとグエル公園のドラゴンスノードームを購入。自分用です。サグラダファミリアどうした。

f:id:sugar0809:20150816125134j:plain

続いても、ガウディ建築です。