読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sugar’s diary

主に食べてばかりの日々と旅の記録

ヨーロッパ旅行4日目 バルセロナ編⑧モンジュイック城

モンジュイック城へは、ケーブルカーとゴンドラで向かいました。レストランの最寄り駅UrgellからUniversitatまで一駅だけ乗り、L2ラインに乗り換えてParal-lel駅まで行き、フニクラと呼ばれるケーブルカーに乗り換えます。乗り換えは改札を出ることなく、この長い通路を通って乗り場まで行きます。

f:id:sugar0809:20150821043756j:plain

フニクラは箱根のケーブルカーのような雰囲気で、急勾配をすごい音を立てながら上っていきました。時たま地上に出ますが、ほとんどトンネルの中です。車内では、スウェーデン人女性と話をしました。出張で3日前からバルセロナに滞在しているらしく、今日1日だけ観光して明日帰るのだとか。それから、大学生の息子さんがいて、来年から京都の大学に1年間交換留学するそうです。桜や紅葉の頃に遊びに行くと良いですよと伝えると、それを狙っていると言って笑いました。

フニクラを終点で降りると、ゴンドラに乗り換えます。来た人から順々に乗って行きます。

f:id:sugar0809:20150821043905j:plain

この時に日本人女性(しかし私よりだいぶ若い)と相乗りになりました。話しかけてみると、沖縄出身で新潟の大学に進学し、今はバルセロナに交換留学中だとか。私の地元新潟にはるばる沖縄からお越しになってしかもバルセロナに留学なんて、なんてアグレッシブ!なんてインディペンデント!とおばさんえらく感心。しかし老婆心から「バルセロナに住んでて、怖いことない?」と聞いてみると、「今のところ自分は大丈夫ですけど、友達がリュックに入れてたMacbook Airをすられました」とちょっと理解しがたいスリの手口を教えてくれました。どうやら、リュックのチャックが少し開いていたらしく、その隙間に手を入れられて抜き取られたらしいです。MacBook Air、軽いから気づかなかったのか重量に鈍感なお友達なのか…。すられたのは屋台が並ぶ通りだったようですが、すられた直後に屋台のおばさんが「あんた、さっきノートPC盗られたよ」と教えてくれたそうです。「いや、おばさん、見てたなら先に言ってほしいよね!」と私が言うと、「教えたら逆ギレされて自分に火の粉飛んでくるかもしれないので何にもできないんですよねー」と一言。なるほど、自分の身は自分で守るしかないのですね。勉強になります。

そんな話をしている間にモンジュイックの丘に到着です。お城の周りには大砲がいっぱい。通路も要塞の雰囲気を感じさせます。

f:id:sugar0809:20150821044038j:plain

f:id:sugar0809:20150821044041j:plain

通路を登っていくと、バルセロナ中心地を一望するこの景色。サグラダファミリアも肉眼で確認できます。

f:id:sugar0809:20150821044112j:plain

お城の中の広場にはカフェテリアやベンチがあって、みんなまったりしています。時が止まってしまったお城と子供たちがキャッキャする声が対照的で、バルサする前のラピュタのようだなと思いました。

f:id:sugar0809:20150821044213j:plain

f:id:sugar0809:20150821044145j:plain

ゴンドラで会った女の子に、私も入れてこの絶景を撮ってもらいました。他にも、大砲に登って打てー!のポーズを決めている写真も撮ってもらいました。はしゃぐおばさんの相手させちゃってすみません。おかげで大変楽しかったです。

f:id:sugar0809:20150821044307j:plain

1時間半ほどお城の周りをぐるぐるし、次の目的地、グエル公園に向かいました。帰りにゴンドラから撮った写真。サグラダファミリア方面にズームインしています。4時を過ぎ、オレンジ色の太陽が街を照らしてより綺麗に見えました。正直、お城から見るよりもこのゴンドラからの景色の方が感動しました。

f:id:sugar0809:20150821044356j:plain

 

最後まで付き合ってくれた女の子に別れを告げ、一路グエル公園を目指します。