読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sugar’s diary

主に食べてばかりの日々と旅の記録

ヨーロッパ旅行4日目 バルセロナ編⑨グエル公園

ゴンドラからフニクラに乗り換え、Paral-lel駅からL3ラインでVallcarca駅を目指します。昨日も来ているので慣れたもんでした。

駅を出て、バルカルカ通りを南方向に歩いて行きます。下り坂なのでスイスイ。5分ほど歩くと左側に道が見えてくるので、左に曲がります。親切な誰かが曲がり角の壁に手書きで案内を書いてくれました。意外とこういうの助かります。もう消されてそうですが。※今は入園料が7ユーロかかるそうなので、このルートで入園できるのかどうかわかりません。

f:id:sugar0809:20150822224904j:plain

左に曲がると登りのエスカレーターが見えてきます。エスカレーターは頂上までずっと続いているわけではなく、途中途中で途切れているので、ちょいちょい歩かされます。ムービーを撮りながら登ったのですが、結構きつい勾配で息が上がりました。

f:id:sugar0809:20150822224931j:plain

合間に救いのエスカレーター。ふと後ろを振り返ると、太陽がだんだん夕焼けの色になってきていました。頂上で夕日を見たかったので、ゼーゼー言いながらも早足で登りました。

f:id:sugar0809:20150822224958j:plain

徒歩&エスカレーターで15分ほど登るとグエル公園内に入りました。そこから丘の頂上を目指してさらに歩いていきます。途中、多肉植物がたくさん植えられているエリアがありました。観光客によって名前が刻まれています。なぜこんな風に名前を残そうとするのか疑問。落書きより悪質な気がします。

f:id:sugar0809:20150822225033j:plain

5〜10分ほど歩き、無事日の入り前に頂上に到着しました。ギターの弾き語りをしている男性の歌声がピースフルに響いています。小高く積まれた石の展望台(?)の上は満員御礼。

f:id:sugar0809:20150822225106j:plain

一瞬躊躇するも、私はここから夕日を見るために来たのです。遠慮なく登らせていただきました。空が青からオレンジへ。遠くに見えるのはさっきまでいたモンジュイックの丘。その向こうには海も見えました。

f:id:sugar0809:20150822225135j:plain

そして、太陽が西の山に沈んでいきます。本当に燃えるようなオレンジの光。これがバルセロナで見る最後の夕日かと少し感傷的になってしまいました。ありがとうバルセロナ、最高のお天気で良い旅のスタートを切れたよ!

f:id:sugar0809:20150822225158j:plain

さて、余韻に浸る間もなく、グエル公園の名物、ドラゴンの像を見るために移動します。沈み切る前に行かないと真っ暗になってしまうので、またも早足で移動です。丘を降り、見上げると夕日に照らされる若者たち。青春って感じ!

f:id:sugar0809:20150822225245j:plain

丘を下って東方向に5〜10分ほど歩いていくと有名なベンチのエリアに着きました。このベンチがかわいいこと!破棄されたタイルを再利用して作られたため、色合い、柄、形がすべて一致するタイルはないのだとか。ガウディはエコの先駆者でもあったのですね。

f:id:sugar0809:20150822225532j:plain

コラージュによって全く違うデザインになります。タイルのモチーフもレトロで素敵。

f:id:sugar0809:20150822225609j:plain

f:id:sugar0809:20150822225628j:plain

ベンチからの景色。お菓子の家みたいなお土産物屋さんの煙突が、不思議の国に来たような気分にさせてくれます。

f:id:sugar0809:20150822225719j:plain

階段を降りていくと、出ましたドラゴン!周りには結構人がいましたが、誰にも遮られることなくドラゴンの全貌を抑えることに成功しました。

f:id:sugar0809:20150822225747j:plain

と思ったらなにやらモデルさんの撮影が始まった。

f:id:sugar0809:20150822225822j:plain

さりげなく私もジョイン。

f:id:sugar0809:20150822225844j:plain

そのあと、またベンチに戻っていろんなところに座ってみたり、骨の柱が並んでいる高架下を歩いたりと、少し遊んでいる間に辺りはすっかり暗くなっていました。夜道の一人歩きは危険なので帰ることに。お菓子の家の窓は、近くで見るとヴィトンのモノグラムみたいな柄をしていました。

f:id:sugar0809:20150822225915j:plain

帰りはLesseps駅まで歩きました。たぶん、このルートを使う人はあまりいないと思います、遠いので。混んでいますが、バスを使ったほうが楽です。

電車に乗ってまっすぐ宿へ…は向かわず、サグラダファミリアのライトアップを見に行くことにしました。毎日違う色でライトアップされているらしいのですが、初日の朝に行って以来、夜は一度も見に行っていなかったので、最終日までになんとしても見ておかなければと思っていました。日が暮れてやや心細いですが、得意の早足で威風堂々と進みます。

今日は何色かなーなんて思いながら駅の出口を上がると、おどろおどろしい赤!

f:id:sugar0809:20150822230035j:plain

この色はなかなか日本では見かけません。清水寺金閣寺がこんな風にライトアップされてたらちょっと嫌ですが、サグラダファミリアの柱が溶け出したような外観にはとっても似合っていました。夜の公園は怖いので、ササッと写真だけ撮って帰ることに。

10回分の回数券をすべて使い切っていたので(あのフランクとの待ち合わせで2枚消費...)、帰りは徒歩で宿まで戻りました。もう大抵のところは歩いて行ける感覚だったのですが、さすがに歩き疲れていたのと、宿まで意外に遠くて後悔しました。まだ夜ご飯を食べていないのでお腹も空いています。でも外食する気にはなれず、宿近くのコンビニで飲み物とスナックを買って夕食代わりにすることにしました。宿に着いたら、明日に備えて荷物の整理と洗濯をし、早めに就寝しました。バルセロナ限定のLay’sのポテチが超絶おいしくて感動しました。

f:id:sugar0809:20150822230921j:plain

 

明日は次の都市、パリへ移動です。